基本チェックリストについて

基本チェックリストは、運動機能や口腔機能、閉じこもり、物忘れの傾向などを知るための介護保険法に基づく国の要綱に規定された、25項目からなるチェックリストです。チェックリストへの回答により、自分の体の状態を確認し、生活習慣の改善や介護予防に取り組んでいただくものです。

田川市では、65歳以上の対象者(介護保険の認定を受けていない、又は非該当、要介護状態等となるおそれの高い状態にある人)に、日常生活圏域ニーズ調査(高齢者生活アンケートとして、広域連合から送付)を、平成25年から平成28年度にかけて実施しています。

包括支援センターでは、アンケートの回答を集計し、項目別の合計点が一定以上となった場合は、二次予防事業(お達者健幸教室・食生活カウンセリング教室)の案内をしています。

回答内容をご自身で確認し、生活習慣の改善や介護予防に取り組みましょう。

二次予防事業

地域包括支援センターでは、保健センターで実施している介護予防教室(二次予防事業)をマネジメントしています。

お達者健幸教室

身体を動かさないこと・お口の健康が保たれていないことは、生活全体が低下していきやすくなります。

この教室では無理なく身体を動かす運動やお口の機能の低下を防ぐ教室を実施します。一人ではなかなか運動しない、最近、口が渇く、食べるとむせるようになってきたなど・・・。みんなで楽しく一緒に身体を動かしたり、お口の点検をしてみませんか。

定員

各20名程度

食生活カウンセリング教室

偏った食生活は、低栄養など栄養バランスをくずしてしまいます。この教室では、バランスのとれた食生活をするために、食べ方や食事づくり(実習)などを実施します。この機会にもう一度、自分の食生活を見直してみませんか。

定員

10名程度