高齢者等SOS模擬訓練

 田川市では、認知症による行方不明が心配な高齢者が実際に行方不明になったことを想定した、「高齢者等SOS模擬訓練」の開催を支援しています。行方不明者役の方に地域を歩いてもらうことで、認知症の方への声かけや対応方法などを学ぶことができます。また、声をかけあうことで日ごろの地域での見守りなどを考えるきっかけにもなります。

 

令和元年度の実施

伊田校区高齢者等SOS模擬訓練

日時 令和元年11月17日(日曜日)9:30~12:00
場所 桐ヶ丘、東町、糸飛、蛍ヶ丘
参加者 306名

参加者の感想の一部を紹介します。

・子供と一緒に参加したが、認知症の人には後ろから声を掛けないなど色々なことが学べてよかった。

・地域が一体となり、協力してよい訓練が出来ました。初めての試みで災害等の時にも役立つと思う。

・自分が当事者になった時に安心だと思いました。

 

これまでの実施状況

年度 開催校区 日時 場所 参加人数
平成30年度

後藤寺

10月14日

後藤寺校区 114名
平成29年度

鎮西

11月26日

11月19日

伊加利・平原

中央団地1~4区

62名

39名

弓削田 7月2日 奈良区 113名
中央 7月2日 中央校区 161名
平成28年度

金川

11月20日 夏吉 73名
弓削田 10月30日 弓削田校区 200名
鎮西 10月2日 鎮西校区 201名
平成27年度 鎮西 11月8日 伊加利 121名

 

認知症になっても、誰もが安心して「自分らしい」暮らしができるまちを目指していきたいと思います。