高齢者等SOSネットワーク

高齢の方は、記憶力や判断力の低下のため、道や自分の家がわからなくなることがあります。万が一、行方がわからなくなった場合には、田川市の様々な高齢者見守りネットワークを活用し、早期発見を図ります。そのネットワークのうちの一つとして、「高齢者等SOSネットワーク」があり、警察、田川市社会福祉協議会、市関係部署で連絡会議を開催しています。

また、「高齢者等SOSネットワーク」の活用法として、事前登録制度があります。家族等が行方不明の心配がある高齢者の情報(写真、身体的特徴、以前からよく通っていた場所、緊急連絡先等)を事前に登録し、行方不明発生時には登録された情報を関係機関(市役所、地域包括支援センター、警察、民生委員等)で共有することによって早期発見につなげます。

また、緊急連絡先を事前登録しておくことで、警察に保護された場合等、スムーズに家族へ連絡することが可能です。